ホーム診療科・部門案内 › 部門案内 › リハビリテーション科部

このページを印刷する

リハビリテーション科部

急性期のリハビリテーションの充実を目指しています。

リハビリテーションとは病気やケガが原因で心・身の機能や構造が障害され日常生活に支障がきたした際に、多数専門職種が連携して問題の解決を支援するもので、単なる機能回復訓練ではなく患者さんが社会に復帰するためのあらゆる手段を含んでいます。
 リハビリテーションは、基本的動作能力の回復を目的とする理学療法、応用的動作能力、社会的適応能力の回復を目的とした作業療法、言語聴覚能力の回復を目的とした言語聴覚療法、摂食嚥下機能の回復を目的とした摂食嚥下療法などから構成され、患者さんの日常生活動作(ADL)の拡大や社会への早期復帰・適合を目的として行われます。
 当院は地域の中核病院として急性期医療を担っており、リハビリテーションの診療対象も主に急性期の患者さんになります。

基本方針・理念

当院では医師の他に、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などのリハビリスタッフ、看護師、管理栄養士、ソーシャルワーカーなどが連携し、1人の患者さんにかかわりを持つすべてのスタッフがその患者さんに関する情報を共有し、早期社会復帰やQOLの向上のために系統的なリハビリテーションを行っています。

当部門の特色

外来診療;リハビリ訓練室に隣接したリハビリ科診察室にて運動器疾患の患者を中心に、すべての科からのリハビリ依頼に対応しています。通院リハビリを行う患者さんは直接リハビリ科受付で手続きをしていただくことにより待ち時間の短縮につながっております。

入院患者のカンファレンス;脳血管疾患、運動器疾患を中心に入院患者の多職種間カンファレンスを実施しており患者の早期社会復帰、ADLの拡大に努めています。

地域連携;大腿骨頸部骨折地域連携クリティカルパス、脳卒中連携ネットワークなどを介して近隣施設と当該疾患の診療連携を実施しています。 

当院退院後の対応(回復期・維持期のリハビリテーション)
 当院で急性期のリハビリを終了した後はそのまま退院して自宅に戻る場合と、さらなるADLの拡大や社会復帰に向けて回復期リハビリテーション病院へ転院し、リハビリを続けていただくケースがあります。さらに、患者さんの状況に応じてソーシャルワーカーの関与のもと、介護老人福祉・保健施設等への入所も支援いたします。