ホーム診療科・部門案内 › 部門案内 › 薬剤部

このページを印刷する

薬剤部

「信頼される薬剤師」をモットーに日々努力しています。

薬剤部は、患者さん、医師、看護師および他の部門から、薬のことは任せられる「信頼される薬剤師」をモットーに薬剤業務に取り組んでいます。

基本方針・理念

チーム医療に貢献します。

薬剤部は、各病棟への専任の薬剤師の配置(次項目をご参照ください)、糖尿病教室、腎臓病教室、血中濃度モニタリング、栄養サポート、がん化学療法、緩和ケア、感染対策、褥創対策、循環器カンファレンスなどへの参加により、薬剤師としての専門性を生かしてチーム医療に貢献し、患者さんにお薬が安全で適正に使用され、よりよい医療を提供できるよう努力しています。

当部門の特色

薬剤部の業務を紹介します。

薬剤部は、平成26年3月より病棟薬剤業務実施加算の算定を開始しました。各病棟に専任の薬剤師を配置し、患者さんの持参薬の確認、お薬の説明、副作用の管理、医療スタッフからの問い合わせ応需、処方設計、処方提案、各種カンファレンスの参加などを行い、個々の患者さんの薬物療法に貢献しています。
その他の業務は調剤業務、、注射薬調剤業務、高カロリー輸液や抗がん剤の調製を行う混注業務、医薬品の情報を収集、評価し、医療スタッフに伝達する医薬品情報業務、市販されていない薬の調製等を行う製剤業務、医薬品の購入や在庫管理を行う医薬品管理業務、手術前中止薬確認業務、化学療法室や外来でのがん患者さんへの指導業務、治験業務(治験管理室の項をご覧ください)などがあります。
また、静岡市薬剤師会と連携して、吸入指導を中心に定期的に研修会を開催しています。

調剤業務

注射調剤業務

高カロリー輸液調製

 

 

抗がん剤調製

外来化学療法室での服薬説明

糖尿病教室

 

糖尿病カンファレンス

スタッフステーションでの情報収集

スタッフステーションでの持参薬確認

 

ベッドサイドでの服薬説明

栄養サポートチームカンファレンス

褥瘡回診

 

製剤業務

外来での指導

薬薬連携研修会