ホーム医療関係者の方医療関係者向け研修会・セミナー › 静岡赤十字病院NST研修会のお知らせ

このページを印刷する

医療関係者向け研修会・セミナー

詳細

静岡赤十字病院NST研修会のお知らせ

 POTTプログラムは、ベッド上リクライニング位での食事をするためのポジションニングと、シーティング(車椅子)で食事をするための援助技術のひとつです。主な技術は、食前、食事中、食後の姿勢調整と食事介助が入ります。摂食嚥下障害患者の食事介助は「いのち」と直接向き合います。窒息や誤嚥のリスク管理が必須です。
 2014年の新人看護職員の研修ガイドラインの改訂では「食事介助」は1年目でできるレベルに引き上げられていますが、単に食事を口に運ぶのではなく、アセスメントから食具の選択やポジショニング、介助方法までの看護技術を必要とします。看護職だけでなく患者さんに関わるどの職種の方にもお聞きいただきたい研修です。皆さまぜひ、技術確認・習得のためご参加ください。

日程

平成29年5月26日(金) 17:30~19:30

会場

静岡赤十字病院2号館 第1会議室

内容

誤嚥を防ぐポジショニングと食事ケア ~POTTプログラム~  
※POTTとは ポジショニング(PO)、食べるよろこびを(T)伝える(T)

講師

POTT研究会代表 日本赤十字広島看護大学 特任教授 迫田綾子先生

対象者

医療従事者

備考

事前申し込みは必要ありません。当日会場へ直接お越しください。

主催

静岡赤十字病院NST委員会