しずおか日赤メールマガジン

第137号 平成29年01月01日発行


 新年あけましておめでとうございます。厳しい寒さが続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
 当院は先月、おかげさまを持ちまして、無事グランドオープンを迎えました。今後は益々皆様に信頼される病院を目指して精進してまいります。
 本年も引き続き温かいご支援を賜りますよう、どうぞ宜しくお願いいたします。
 それでは、メールマガジン第137号をお届けいたします。

目次

1. 今月の病院ニュース
手外科医に聞いた、気になる手指の痛みの仕組み 『手根管症候群』

2. インフォメーション
和洋折衷の変わり和え~さつまいものマヨチーズ和え~

手根管症候群

手外科医に聞いた、気になる手指の痛みの仕組み


第二整形外科部長
野々宮 廣章医師

手指の痺れや震え、指先に力が入りにくい…
特に女性に多い手指のトラブル。症状が目立つようになったら手根管症候群の疑いも。
手外科医として約20年にわたり治療の最前線に携わる野々宮医師にお話を伺ってみました。

手根管症候群ではどのような症状が出るの?
 最初は人さし指と中指に痺れや痛みがあり、最終的には親指、人さし指、中指、薬指の親指側が痺れて触感が鈍くなります。急性期では明け方に強く痛み、手を振ったり指を曲げ伸ばしすると楽になります。このほか手のこわばり感が生じることもあります。ひどくなると母指球がやせてきて、親指と人さし指でOKサインを作れなくなります。洗濯ばさみをつまんだり小銭を出したりといった動作が困難になり、日常生活に支障が出ることも。

手指の痺れはなぜ起きる?手根管症候群のメカニズム
 
脳から末端に向かって全身にはりめぐらされている神経。神経はまるで川の流れのように、本流である脊髄から、支流である皮膚や臓器や筋肉へと分岐しています。神経は弱い組織で、人間の身体の中では柔らかく弾力のある環境で守られているのですが、時に骨や靭帯に囲まれた場所を通過することもあり、そこでいじめられた神経が障害をひき起こすことがあります。そんなポイントのひとつ・手首で生じる痛みが「手根管症候群」。手根管とは手関節部にある手根骨と横手根靱帯で囲まれた伸び縮みできないトンネルのこと。手根管の中には1本の正中神経と指を動かす9本の腱が走っていて、この正中神経が圧迫されて様々な障害を引き起こすのです。
 特発性(※)の手根管症候群は妊娠・出産期や更年期の女性に多いのですが、これは女性ホルモンの乱れによる、腱を覆っている滑膜性の腱鞘のむくみのためといわれます。他に手の使いすぎによる腱鞘炎やケガによるむくみも同様に神経を圧迫し、痛みを生じさせます。
※特発性…明確な原因がわからないこと

まずはテストで症状診断治療は保存療法と手術
 診察では問診とあわせていくつかのテストを行います。手首を打腱器などで叩く「ティネルサイン」や、手首を内側に曲げて手の甲を合わせる動作で痛みの変化を確認する「誘発テスト」、また母指球筋の筋力低下や筋萎縮を診ます。さらに補助検査として筋電図検査を用いたり、腫瘤が疑わしい場合はエコーやMRIなどの検査を行います。
 治療はビタミン剤や消炎薬の服用、塗布薬、運動の軽減など保存療法が中心。鞘炎の場合は腱鞘内に注射を行ったり、夜間痛が強ければ就寝中のみシーネ固定することで痛みが改善することも。症状が進んで母指球筋がやせてきた場合や腫瘤がある場合は手術が必要。手のひらを3~4cm切開し、直視下で横手根靱帯を切開して神経の圧迫を除去、母指球筋がやせている場合は筋肉を動かす信号を送る神経の圧迫も除去します。術後は数日固定が必要ですが特別なリハビリは必要ありません。

和洋折衷の変わり和え ~さつまいものマヨチーズ和え~

様々な食感が楽しい、旬の素材で作る変わり和え。 チーズ入りの和え衣はコクのある味わい。

栄養課考案/1人分 130kcal

■材料(4人分)
さつまいも    1/2本(約150g)
かぶ        1個(約75g)
柿        1/2個(約75g)
クリームチーズ    40g
マヨネーズ      大さじ1.5

■つくり方/
1. さつまいもは蒸して柔らかくしてから一口大に切る。柿と、かぶは皮をむき、一口大に切る。
2. クリームチーズをやわらかく練り、マヨネーズとよく混ぜる。
3. 1を2で和える。

しずおか日赤メールマガジン 第137号

メールアドレスの変更、配信解除  http://www.shizuoka-med.jrc.or.jp/about/mailmag/

このメールマガジンに対するご意見・お問合せは
静岡赤十字病院 企画課 mail : kikaku@shizuoka-med.jrc.or.jp

当メールの全文、または一部の無断転載および再配布を禁じます。
編集・発行 : 静岡赤十字病院  http://www.shizuoka-med.jrc.or.jp/
平成29年01月01日発行