しずおか日赤メールマガジン

第136号 平成28年12月01日発行


 寒さも本格的になってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
 当院はこの度、5年にわたる増改築工事を無事に終了し、本日グランドオープンを迎えました。皆様には長らくご不便をお掛けいたしましたが、これからより一層精進し、地域の中核病院としての責務を果たしていく所存にございます。
 引き続き温かいご支援を賜りますよう、どうぞ宜しくお願いいたします。
 それではメールマガジン第136号をお届けいたします。

目次

1. 今月の病院ニュース
市販の胃薬にも種類があります!

2. インフォメーション
駐車場料金改定のお知らせ

3. 講習案内
発達凸凹勉強会(小児科)のお知らせ

市販の胃薬にも種類があります!

胃薬にも様々な種類があることをご存知ですか?作用・目的別に正しく選ばないと目的の効果が得られません。

 年末をむかえ、忘年会やクリスマスなどで外食やアルコールの摂取が増えるこの時期、胃薬を手に取る方も多いのではないでしょうか?
 手軽に手に入る市販の薬にも、様々な種類があります。今回は作用・目的別に胃薬の紹介をいたします。

①胃酸の分泌を抑える(H2ブロッカー)
 胃の壁にはヒスタミン受容体というものがあり、そこに体内にあるヒスタミンが結合すると胃酸が分泌されます。H2ブロッカーはヒスタミンの結合を防いで胃酸の分泌を抑えます。過剰な胃酸による胃痛、胸やけ、むかつき等に効果的。(商品例:ガスター10、アシノンZ、大正胃腸薬Zなど)
②胃酸を中和する(制酸剤)
 アルカリ性の成分で分泌され過ぎた胃酸を中和し、胃痛、胸やけ、むかつき等に効果を現します。他の胃薬の成分に配合されて広く使われています。(主な成分:酸化マグネシウム、炭酸水素ナトリウム、炭酸カルシウムなど)
③胃の粘膜を守る(胃粘膜保護剤)
 胃粘膜からの粘液の分泌や血流を促進し、胃酸に対する防御機能を高めます。傷ついた粘膜の修復も促進します。(商品例:スクラート胃腸薬、セルベールなど)
④消化を助ける(消化酵素剤)
 消化液に含まれる酵素と同様の働きを持つ消化酵素から成り、消化不良や食べ過ぎによる胃もたれなどに用いられます。消化酵素によって分解できる食物の成分が異なるので、複数の消化酵素が含まれているものが多くあります。(商品例:新キャベジンコーワS、ハイウルソなど)
⑤健胃薬
 主に生薬(漢方)が使われます。生薬の持つ独自の香りや苦味が味覚神経を刺激して反射的に唾液や胃液などを分泌させ、また胃の動きを直接活発にします。(健胃薬を含む商品例:武田漢方胃腸薬、大正漢方胃腸薬)
⑥胃の筋肉の緊張を和らげる(鎮痙薬)
 ストレスなどによって胃の活動を司る副交感神経の働きが高まり過ぎると、胃の筋肉を過剰に緊張させ痛みを感じることがあります。鎮痙薬は副交感神経を抑制し、胃の過剰な緊張を取り痛みを鎮めます。(商品例:ブスコパンA、ストパンなど)

胃薬を購入する時は、薬剤師によく相談し、症状が改善しない場合は病院に受診されることをお勧めします!

駐車場料金改定のお知らせ

 日頃より当院の運営にご理解ご協力をいただき深く感謝申し上げます。
 当院では、5年にわたる増改築が11月末で完了し、既設の立体駐車場及び近隣の契約駐車場に加え、新たに1号館横に平面駐車場を開設します。
 これに伴い、駐車場の管理費用の増加と、更なる利便性向上に向けた運営のため、平成28年12月1日より、駐車場料金を改定させていただくことといたしました。
 皆様には、新たなご負担をお掛けすることになり、誠に心苦しいところではありますが、何卒、ご了承いただきますようお願い申し上げます。
(新料金)
 3時間まで200円  3時間超 各駐車場施設の料金

発達凸凹勉強会(小児科)のお知らせ

 発達特性に関する勉強会です。発達凸凹のお子さんはご両親の対応次第で適応がよくなったり、悪なったりします。よりよい適応のためにはご家族が知っておいた方がよいポイントがあります。
 外来に受診された際、参考になる本をお勧めしたり、ポイントを説明してきたつもりですが、十分ではなかったかもしれません。
 今回発達凸凹の勉強会を開催し、ご家族に知っておいて欲しいことをお伝えしたいと思います。ご興味のある方どなたでもご参加いただけますのでお気軽にどうぞ!

場所:静岡赤十字病院2号館4階第一会議室(小児科医外来の2階上です)
開催日程およびその内容:
第1回2016/12/15(木)  「ペアレントトレーニング①」
第2回2016/12/19(月)  「初めての認知療法」
第3回2017/1/5(木)   「ペアレントトレーニング②」
第4回2017/1/6(金)   「発達凸凹の2次障害を予防するために」
開始時刻:18時30分から2時間の予定
講師:静岡赤十字病院 小児科部長 西澤和倫
参加費用:無料 参加希望者は直接会場へどうぞ
※詳しい内容は当院ホームページをご覧ください。

しずおか日赤メールマガジン 第136号

メールアドレスの変更、配信解除  http://www.shizuoka-med.jrc.or.jp/about/mailmag/

このメールマガジンに対するご意見・お問合せは
静岡赤十字病院 企画課 mail : kikaku@shizuoka-med.jrc.or.jp

当メールの全文、または一部の無断転載および再配布を禁じます。
編集・発行 : 静岡赤十字病院  http://www.shizuoka-med.jrc.or.jp/
平成28年12月01日発行