ホーム診療科・部門案内 › 診療科案内 › 麻酔科

このページを印刷する

麻酔科

麻酔科では、主に手術室における手術患者さんの麻酔管理や病棟での疼痛管理を行っています。

手術室

日本麻酔科学会認定の指導医・専門医である計2名のスタッフが手術麻酔を担当しております。安全な麻酔管理を提供し、かつ患者さんの苦痛や不安をできる限り取り除けるよう心がけております。手術による刺激(侵襲といいます)から患者さんを守るため、毎日行なわれるカンファレンスによって最良と思われる麻酔法を心掛けています。手術の最中は最新の医療機器およびモニターを駆使し、患者さんの変化に迅速に対応できるよう努めております。静岡赤十字病院は麻酔科学会認定病院に指定されており、優れた人材育成にも取り組んでおります。若い麻酔科医の教育はもとより、指導医のもと研修医にも技術指導を行っております。2014年1月に新しい手術室が完成し、麻酔器、モニターが一新され、2014年6月からは麻酔自動記録システムが導入されました。より安全で快適な麻酔が受けられるよう、スタッフ全員が積極的に対応しております。