ホーム診療科・部門案内 › 部門案内 › 医療安全推進室

このページを印刷する

医療安全推進室

安心して医療を受けられる環境に向けて、活動しています。

医療安全推進室は静岡赤十字病院における医療者と患者さんの良好な信頼関係を築き、患者さんが安心して安全な医療を受けられる環境を整え、患者参加を基本とした医療安全を推進することを目標としています。

基本方針・理念

医療安全に組織的に取り組み、医療の質の保証を目指します。

【医療安全に対する基本的な姿勢】

  1. 患者の安全を守り、患者および家族と医療者間の信頼関係を築く。
  2. 患者および家族と医療者間のコミュニケーションを図り、患者の納得の上に医療を提供する。
  3. 円滑なコミュニケーションによる安全なチーム医療を提供する。
  4. 事故発生時は患者の状態改善に全力を尽くし、患者および家族に誠実に対応する。
  5. 事故発生時は事実に基づいた説明を行い、患者および家族の納得が得られる対応をする。
  6. 同様の医療事故が起こらないように再発防止策を検討・実施する。

当部門の特色

安全な医療の提供を患者さんとともに目指します。

医療の特色である「医療の不確実性」や「情報の非対称」など医療者と患者さんの間にある溝を埋めるためには、医療安全への患者参加が大きな鍵です。医療者と一緒に安全な医療の提供にご協力していただけるように取り組んでいます。「患者さんに名乗ってもらう」「患者さんと一緒に点滴を確認する」「患者さんと一緒に内服薬を確認する」などその都度声をかけていきます。提供する医療をわかりやすく説明して(見える化)、患者さんの理解と納得につなげていきます。
また、患者さんからのご意見やご要望を聴き、改善に努めています。ともに安心・安全な医療を目指しましょう。

施設・設備紹介

医療安全を推進する機器の導入。

PDA(Personal Digital Assistant)と呼ばれる小型のコンピューターで患者さんのリストバンドにあるバーコードを読み取り、患者さんの確認および医師の指示した注射や輸血の内容の確認を行います。