ホーム診療科・部門案内 › 部門案内 › 病理診断科部

このページを印刷する

病理診断科部

日々、病(やまい)の理(ことわり)を考え続ける部門

病理部門は患者さんから採取された細胞や組織から標本を作製後、顕微鏡で観察し、細胞の形や組織の構造を形態学的に分析し診断を行う部門です。病理の業務には組織診、細胞診、病理解剖という3つの柱があります。それらを通し、病気の確定診断や治療方針の決定および医療の質の向上に寄与している重要な部門です。患者さんに直接、接する機会の少ない部門ではありますが、実際には密接な関わりを有しています。

基本方針・理念

日本赤十字のスロ-ガン「人間を救うのは人間だ」を機軸に、患者さんの満足度を高めるべき医療として「病理組織診断」を正確かつ迅速に情報提供します。

当部門の特色

正確で迅速な病理診断を提供するために。

当部門では、大きく1)病理組織検査2)術中迅速検査3)細胞診検査4)病理解剖の4つの仕事をしています。
病理組織検査は、内視鏡検査での胃や大腸などから採集された組織の一部や、手術でとられた臓器について悪性腫瘍や炎症などの組織学的診断を行い、また術中迅速検査は、手術中の患者さんのリンパ節や切除断端へのがん細胞の有無などを、3名の病理専門医で診断にあたっています。
細胞診検査は、子宮、喀痰、尿、乳腺や甲状腺の腫瘤の中のがん細胞の有無を、専門の細胞検査士資格を有する5名の技師が診断にあたっています。
病理解剖は、亡くなられた患者さんから病気の原因や拡がり、死因や治療効果などを究明する仕事をしています。