ホーム診療科・部門案内 › 部門案内 › 栄養課

このページを印刷する

栄養課

心をこめた食事作りに、スタッフ一同、常に努力を続けています。

栄養課では、入院患者の皆さんに喜んでいただける食事作りを第一に考え、衛生的で安全に食事を提供できるよう、食材を厳選し、マニュアルに従った衛生管理の下で、召し上がっていただく入院患者さんのことを常に考えながら調理するように心がけています。
食べることは、病気を治す上で非常に重要なことです。栄養課では、さまざまな工夫をこらして、入院患者さんの病状や、体調を考慮した栄養バランスのよい献立を毎日用意しています。毎月一回発行の栄養課だよりや、メッセージカードなどもお食事と一緒にお届けしています。
また、医師、看護師、薬剤師、検査技師、作業療法士、理学療法士、言語聴覚士とチームでNSTによる栄養管理にも積極的に取り組んでいます。その他、褥瘡、緩和、糖尿病、RSTなどのチーム医療にもチームで参画しています。

基本方針・理念

入院患者さんお一人おひとりに合った食事作りを目指しています。

  • 朝食は、ご飯献立と、パン献立をご用意しています。一般食常菜の夕食に限り、2種類のメニューからお好みで選択していただけます。
  • 行事食や、地産地消の献立にも力を入れています。
  • 食物アレルギーの患者さんには、入院時に栄養士が直接ベッドサイドへお伺いし、聞き取り調査をさせていただき、アレルギー対応をさせていただきます。
  • 宗教上の理由や、病状の変化、治療の副作用等で食事が進まない方にも可能な限り調整をさせていただきます。
  • 嚥下障害や、咀嚼障害がある患者さんには、症状に合わせ経口的に摂取できるように調整させていただきます。
  • 調理師が一般食、治療食それぞれ担当を決め、細やかな配慮に対応します。

一般食常菜の献立表
年間行事食の献立表
嚥下ピラミッド

“ミッキーを探せ”ディズニーコラボ「静岡祭」献立

清水の名物「もつカレー」や鮪の献立をご提供!

静岡地場産物を多く使用した
地産地消献立

 

リハビリ中の患者さんにも
食べやすく工夫

歯がなくても召し上がれる
金平ごぼうゼリー

嚥下訓練後、最終段階の
訓練食Dの内容です

 

当部門の特色

直前配膳で、おいしく、安全なお食事を提供しています。

  • お食事の盛り付けは、配膳直前に行いますので、入院患者さんには、温かいものは温かく、冷たいものは冷たく提供できます。
  • 食材は、特に添加物などに十分注意し、原産地や、加工地の確認を必ず行った上で購入していますので、新鮮で、体にやさしい食事をご提供しています。
  • 糖尿病教室食事会では、毎月テーマを変えて、調理師も調理のアドバイス等をしています。この食事会にはリピーターも多く、大変喜ばれています。
  • 栄養や、調理、衛生管理等に関する勉強会へ栄養課職員全員で積極的に参加して、日々勉強を続ける努力をしています。栄養課内でも毎週勉強会を開き、職員全員で献立の検討や、問題点等話し合いの時間を設けています。

糖尿病教室食事会のパンフレット2013年9月:コンビニ弁当の選び方・食べ方
糖尿病教室食事会のパンフレット2013年12月:おせち料理の糖分と塩分
糖尿病教室食事会のパンフレット2014年1月:糖尿病食事療法の簡単に出来るポイント

配膳直前にベルトコンベアで
盛付けます

温めんの温度を調節して適温
に努めています

壁に原材料表を貼り、食材
には注意しています

 

トレーサビリティーは厳重に
行っています

定期的な厨房内の細菌検査
を調理師が実施

毎週木曜日は栄養課内の
勉強会を開催しています