ホーム診療科・部門案内 › 部門案内 › 検査部・輸血部

このページを印刷する

検査部・輸血部

信頼のあるデータを正確・迅速に提供します。

検査部は診断や治療に欠かすことのできない検査データを提供しています。
検査は生体検査と検体検査に大別され、33名の臨床検査技師が各部門での検査を行っています。生体検査部門では心電図・呼吸機能・超音波(エコー)筋電図・脳波検査等を行っています。検体検査部門では血液・尿・便などの検体を種々の分析法を用いて解析する部門で、血液検査室、一般検査室、生化学・免疫血清検査室、細菌検査室、輸血検査室、遺伝子検査室があります。
スタッフ一同協力体制のもと、患者さんの安全と正確で迅速な検査業務に取り組んでいます。

基本方針・理念

「信頼・積極・協力」

  • 我々は、赤十字の理念に基づき患者さんの診断・治療・予後に最も必要かつ適切な信頼のあるデータを正確・迅速に提供します。
  • 常に、検査データに細心の注意を払い、積極的に各医療チームとのコミュニケーションを持ち、惜しみない協力体制と規則を守ります。
  • 誇りある検査技師として、また信頼ある日赤職員であることを自覚できるよう努力します。

当部門の特色

生体検査部門

生理機能検査室

心臓、血管、肺、脳、神経などの生理的反応や機能を調べます。
超音波やその他の計測機器を使って、直接患者さんの体を検査する部門です。
項目によって、来院当日できる検査と、予約して後日行う検査があります。
患者さんの症状や訴えによって、医師が必要な検査を選択しますので依頼については当院各科にご相談ください。
検査の詳細ページへ

検体検査部門

血液検査室

血液検査室では、血球算定(赤血球数、白血球数、ヘモグロビン量、血小板数等)、血球形態検査(白血球の分類等)、凝固検査などを行っています。特殊検査としてフローサイトメトリー検査(白血病のタイピングや免疫異常)を行い、患者さんの病態把握や治療に沿う結果を臨床に提供しています。そのほか造血器腫瘍や種々の血液疾患で得られた骨髄穿刺液から標本を作成し、顕微鏡で観察して血液専門医の診断や治療の評価の補助を行っています。
blood newsのページへ

一般検査室

一般検査室では主に、尿や便の検査をします。尿検査では身体の中での代謝の異常や腎臓、尿路、膀胱の健康状態を調べます。便検査では胃、腸など消化器での出血の有無、および寄生虫を調べます。その他、髄液、腹水、胸水、関節液、精液などの分析も行っています。
 

生化学検査室

生化学検査室では、主に血液(血清・血漿)と尿を試料として検査を行っています。検査内容は肝臓、腎臓、膵臓、心臓などの各種臓器の病気の診断、病気の程度、治療効果などを判定するための検査をしています。そのほかにも糖尿病、脂質代謝、甲状腺ホルモン、血中薬物濃度、血液中のガス(酸素、炭酸ガス、PH)の検査も行っています。緊急検査により、診察時に最新情報としての検査データを提供しています。
 

免疫血清検査室

免疫血清検査室では、主に血清・尿を試料として検査を行っています。検査内容は肝炎ウィルス、梅毒、エイズなど一般に感染症と云われる検査や、リウマチ因子、血清蛋白関連検査、さらに癌の早期発見のための検査、診断の補助、治療後の再発のモニターとしての検査を行っています。
 

細菌検査室

人は、日常的に細菌から攻撃を受けていますが、本来持っている免疫力(抵抗力)によって、感染症を起こすまでには至りません。でも時に、栄養状態、睡眠不足などのファクターにより抵抗力が弱まり、感染症という状態に陥ります。そんなとき、抗生物質という薬を服用します。さて、抗生物質は何のために飲むのでしょうか? 多くの場合、体の中に繁殖した悪い菌を殺すために、または化膿止めとして医師が処方します。その悪さをする細菌を特定し、どんな薬が効くのか調べるのが細菌検査室の役割です。
 

輸血検査室

輸血療法は、血液成分の欠乏あるいは機能低下したときその成分を補充することにあります。輸血検査室では、輸血療法が必要になったときその輸血による副作用が起こらないように検査を行い血液製剤を準備します。主な検査項目は、ABO式血液型、Rh式血液型、不規則抗体検査、交差適合試験などです。また、血液センターと協力し合い善意からなる血液製剤を有効に使用するよう日々努力しています。
 

遺伝子検査室

遺伝子検査室では、ヒトの体を作っている細胞(体細胞)にあるDNAやRNAを検査しています。PCR(polymerase chain reaction)法という方法を応用し、検体(血液や骨髄穿刺液等)に極く微量に存在する病気に特異的な遺伝子(核酸:mRNA)の有無を検索します。造血器腫瘍、特に白血病ではタイプなどを知ることができます。さらに、リアルタイムPCR法では、検体中に存在する遺伝子の量を定量的に検査することができ治療効果の判定などに利用できます。小さな遺伝子を見つけることで病気の特徴が判断でき、的確な診断や治療の選択が可能となります。