ホーム診療科・部門案内 › 部門案内 › 股関節・人工関節センター 

このページを印刷する

股関節・人工関節センター 

股関節・人工関節センターを開設しました

 股関節・人工関節センターを2018年7月1日、西脇徹センター長、中根医師が中心となり開設しました。センターは当面、従来の整形外科外来の中に併設します。
 股関節・人工関節センターはセンター長の西脇医師が中心となって治療にあたります。主に行っている手術治療は、人工股関節置換術、人工股関節再置換術、寛骨臼回転骨切り術、股関節鏡手術、人工膝関節置換術です。人工股関節置換術や寛骨臼回転骨切り術は主に最小侵襲手術MISで行います(詳細は「最小侵襲MIS人工股関節置換術」「臼蓋形成不全症」のページをご参照ください)。一部の人工関節センターでは人工関節に偏った治療法のみが提案されてしまうことがありますが、当センターでは患者様の個々の状態を把握し、患者様の年齢、関節の状態、患者様の生活レベルや希望に応じて患者様と相談しながら患者様一人一人のニーズに合った治療法を提案します。

 受診に際してはかかりつけの診療所の先生からご紹介いただき、病院の地域医療連携室にご一報していただき、ご予約ください。