ホーム診療科・部門案内 › 部門案内 › 臨床工学課

このページを印刷する

臨床工学課

  • トップ

臨床工学課とは。

皆さんが病院に来られたときには、病院内で医師、看護師、放射線技師、薬剤師などいろいろな職種のスタッフと接していると思います。しかし患者さんが臨床工学技士に接する機会はこれらの職種に比べて少なく、臨床工学技士がどんな仕事を行っているかは、あまり知られていないのではないでしょうか。
臨床工学技士は『生命維持管理装置』や『患者監視装置』の操作のほか、病院内のさまざまな医療機器の保守点検などの業務を行う医療技術者です。最近では医療事故のニュースもよく報道されていますが、そういった医療事故を防ぐために「安全な医療」を第一に考え、当院では日々業務を行っています。

基本方針・理念

患者さんに信頼される質の高い医療へ。

臨床工学技術課は、患者さんに信頼される質の高い医療の提供の一端を担っています。
  • 当院の基本理念に基づき、技術、知識の向上に努める。
  • 事故防止。管理機器の安全使用を啓発し、事故を未然に防ぐ。
  • 生命維持装置であることを認識し、保守管理、点検、修理をする。
  • 経費削減。機器の故障を未然に処理し、使用期限の延長を図る。
  • 他部門との連携を図り、医療の安全を提供する。

当部門の特色

各種認定資格の取得を通じて、高度化する医療に対応。

  • 手術室、人工心肺操作
  • 医療機器集中管理
  • 心筋シンチ、心臓カテーテル検査立会い
  • 人工透析・各種血液浄化法
  • 末梢血幹細胞採取
 
当課の10名のスタッフは、臨床工学技士の国家資格だけでなく、学会認定の資格(第一種及び二種ME検定試験・体外循環認定士・呼吸療法士・透析認定士)などの資格も取得し、時代とともに高度化する医療に対応しています。また赤十字病院という背景の中で、赤十字社認定の救急法・蘇生法の指導員の資格や救護員の資格も取得しています。
そのほかにも、技士の一人は院内移植コーディネータも兼務しており当院における臓器移植の窓口にもなっています。