日本赤十字社 静岡赤十字病院
臨床研修ブログ

  • 内科ローテーションの一日

2020年8月27日

こんにちは。研修医一年目の鎌田です。
6年生はマッチング試験の真っただ中ですね。実力を十分に発揮して、希望通りの病院で研修できることを祈っています!一緒に働くことになったら楽しく研修やっていきましょう!
さて、僕は今、内科を6ヶ月回っています。静岡日赤は総合内科と専門内科を2科同時に回るという他にない特徴があります。なかなか想像がつかないと思うので、一日のスケジュールを紹介しようと思います。

<1日のスケジュール>
6:00過ぎ~ 月曜と金曜のみ病棟で朝の採血をやります。基本的な静脈採血だけでなく、動脈からの採血もあります。最初は早起きも大変で採血自体もなかなか取れずに苦労しましたが、日に日に上達しているのが実感できて楽しいです。

7:50~8:30 総合内科のチーム回診から一日が始まります。チームは主治医、後期レジデント、研修医1、2人で構成されていて、2ヶ月毎に入れ替わります。夜間の出来事やその日やることを確認し、今後の治療方針を共有します。

午前中 患者さんの診察や、検査結果の確認をしたうえで治療方針を立てて上級医に相談します。処方や検査のオーダーを自分で考えた上で、上級医の先生からのフィードバックがあるので少しずつですが内科的な考え方ができるようになっている気がします。日によっては手技もしたりします。

お昼 病院内の食堂でご飯を食べます。500円で食べられる日替わりのセットが美味しいです。ご飯もおかわり自由なので、仕事のことは一瞬忘れて同期や見学生とたわいもない会話をしてリフレッシュします。

午後 専門科のカンファレンスや、内視鏡、カテーテルがあったりします。専門内科は循環器内科、消化器内科、呼吸器内科、脳神経内科、血液内科、糖尿病内分泌内科を1ヶ月ずつ回ります。担当患者の治療方針についてディスカッションしたり、各科特有の手技を経験させてもらったりします。教育熱心で話しかけやすい先生ばかりなので、将来志望する科もそうでない科も勉強になります。また、月曜日と水曜日は自分が担当した患者さんについての症例発表を内科8人でローテーションで発表する機会があります。

夕方 総合内科のチーム回診をして勤務終了です。何もなければ18時前後に帰る人が多いですが、研修医同士で勉強会をしたり症例発表の準備で残る人も中にはいます。
土日は出勤が義務ではないですが、どちらか片方は患者さんの回診に行く人が多いです。

以上が内科ローテーションの一日になります。参考になりましたか?

本当は給料の話や当直の話、プライベートの話もしたいところですが、長くなるのでここで終わりにしますね。気になる方は是非、見学にいらして下さい!

左が僕です

 

 


↑ページの先頭へ

Copyright © 2013 JAPANESE RED CROSS SHIZUOKA HOSPITAL All rights reserved.