日本赤十字社 静岡赤十字病院
臨床研修ブログ

  • JATECを受講しました

2019年12月4日

こんにちは、研修医2年目の久保田です。台風が過ぎ去った頃からすっかり寒くなり、羽毛布団が恋しい季節となりました。皆様は寒さで体調を崩されることなくお元気にお過ごしでしょうか?

先月、救急科の宋先生および私の同期の加藤先生と共に、浜松医科大学で開催されたJATEC(Japan Advanced Trauma Evaluation and Care)コースに参加しました。このコースは外傷患者の評価および初期対応の取得を目的としたものです。
1日目にロールプレイングを含めた講義がみっちり行われ、2日目は筆記試験と実技試験が行われます(医学生のCBTとOSCEのようなものです)。当院の救急科部長・中田先生もインストラクターとしてご参加されました。

当院では救急科研修や日当直で、外傷患者を含め研修医がファーストタッチするため、初期の段階からJATECを指導していただき対応します。コースの内容は既に実践してきたこともありましたが、知識の復習や、主に重症患者に行う手技や処置を練習する良い機会となりました。1日目の講習後に行われた懇親会を含め、著名な先生方や他病院の医師と交流することができ、とても刺激を受けました。

特に研修医2年目になると、外部病院で研修させていただいたり、学会や勉強会に参加したりする機会が多いです。院内のレクチャーだけでなく、外部での学びの機会も確保できるのは、非常にありがたいです。

また、当院は救急科医師が8名(うち救急科専門医5名)も在籍しており、特に救急科研修中は三次救急までの様々な症例をマンツーマンで指導していただき、大変充実した研修を受けることができます。JATECコースに参加し、これだけ恵まれた環境で研修できるありがたみを改めて感じました。

当院に興味がある方はぜひ見学へお越しください!救急科を見学していただければ、研修医の誰かしらが、JATECをビシバシ指導されている場面を見ることができると思います笑

写真左(左)加藤研修医 (中央)中田部長 (右)久保田研修医

写真右(中央)浜松医科大学 救急災害医学 吉野教授


 

 


↑ページの先頭へ

Copyright © 2013 JAPANESE RED CROSS SHIZUOKA HOSPITAL All rights reserved.