日本赤十字社 静岡赤十字病院
臨床研修ブログ

  • 4月~5月を研修医・菊池がリポートします

2018年5月2日

 こんにちは、初期臨床研修医1年目の菊池恵介と申します。
 静岡出身、日本大学医学部出身です。初任給でニトリの椅子を買いました。その椅子に座ってギャッチアップ60度でブログの記事を書いております。
 大学の仲間と離れ寂しさ・寒さが残る4月から、新緑のさわやかな5月。あっという間に1ヶ月が経ちました。私の4月のローテーションは整形外科でしたが、そこでの業務を紹介させて頂きます。

*救急:患者さんの病歴・身体所見をとりまとめ上級医につなぐこと。上級医の先生からMMT・反射もちろん、整形外科特有の身体診察法・処置・緊急手術の適応などのフィードバックを受けることができます。

*病棟:入院されている患者さんの病態を理解して経過を見守ること。主治医、看護師、薬剤師、理学療法士、作業療法士、栄養士、多くのスタッフから、入院中の管理(処方・栄養・処置)などのフィードバックを受けることができます。

*手術(骨折や脊柱)では、指導医・後期研修医の先生方の手術を見学・参加します。将来整形外科を考えている人は必見!

 以上になりますが、後期研修医の先生・研修医2年目の先生をはじめ、沢山の方々の協力をいただき、非常に充実した毎日を送ることができています。先輩方に追いつき、早く一人前になれるように、毎日課題を決めて、一歩ずつ進んでいきたいと思います。(これから見学を考えている医学生の皆さん、是非、静岡赤十字病院の整形外科を見学されることをお勧めします)

追伸
GW明けの内科歓迎会では、研修医が出し物をすることが恒例となっており、去年はブルゾンちえみ、今年は・・・。同期15人。協力して知恵を出し合っております。上手くいくといいな~。


↑ページの先頭へ

Copyright © 2013 JAPANESE RED CROSS SHIZUOKA HOSPITAL All rights reserved.