ホーム採用情報 › 看護職員採用情報 › 勤務体制

このページを印刷する

勤務体制

看護部勤務体制について

変則3交替制と2交替制を組み合わせています。

勤務時間:週38時間45分
本採用職員:変則3交替制または2交替を選べます。
嘱託職員:週38時間45分(平日の日勤帯を基準に週5日間勤務)
パートタイマー:個人の希望時間  夜勤専従は変則3交替制または2交替制を選択。

【変則3交替制】

勤務区分

勤務時間

休憩

実働時間

拘束時間

日勤

8:30~17:00

45分

7時間45分

8時間30分

中勤

12:30~21:00

45分

7時間45分

8時間30分

半日

8:30~13:00

0分

4時間30分

4時間30分

夜勤

20:30~9:00

90分

11時間00分

12時間30分

 

※半日夜勤のセット勤務で2日分の勤務実績としています。

【2交替制】

勤務区分

勤務時間

休憩

実働時間

拘束時間

日勤

8:30~17:00

45分

7時間45分

8時間30分

夜勤

16:30~9:30

90分

15時間30分

17時間

 

看護体制について

【看護師配置】7:1 急性期看護補助体制加算
【看護部職員】約583名(平成28年4月1日現在): 看護師・助産師・看護助手・医療クラーク・保育士
【看護単位】救命救急センター・一般病棟・一般外来・手術室・透析室
産科病棟と助産師外来: 産科スタッフは全員助産師、助産師外来の運営から育児支援、アロマセラピー導入、カンガルーケア等、助産師資格をフルに生かし、医師と連携して「良いお産」に取り組んでいます。