ホーム採用情報 › 看護職員採用情報 › 先輩からのメッセージ

このページを印刷する

先輩からのメッセージ

平成29年入職 救急救命センター病棟勤務

先輩からの指導で成長を感じる

 私が配属された救命救急センター病棟は緊急入院する患者さんが多く、昼夜を問わず病棟はせわしなく動いています。また、様々な診療科の患者さんが混在しているため、知識不足だと感じることも多いですが、その分いろんな処置や看護場面に携わることができ、とても刺激的な環境で働くことができています!!!
 入職直後は、分からないことばかりで不安でしたが、プリセプターのお姉さんだけではなく、たくさんの先輩方にご指導頂き少しずつではありますが、自分でも成長を感じられるようになりました。1年目は特に研修が多いため他の病棟の同期とも会う機会が多く、精神的にも非常に救われています。仕事上だけでなく、プライベートでも同期とよく遊び、とても楽しい毎日を過ごしています!!
 実習や勉強、部活などで忙しいとは思いますが、ここ日赤では学校で味わえない充実感、楽しさがあります。皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしています!!


 
 
 

平成29年入職 産科病棟勤務

先輩や患者さんの温かい言葉が励みに

 私は助産師として、周産期における看護を学びたいと思っていました。静岡赤十字病院では病棟だけでなく外来の看護や教室などの指導も行っていて、とても魅力的でした。また、インターンシップに参加したとき、産科病棟の雰囲気がとても温かく、患者さんに優しく接しているスタッフの姿を見て、私もここで働き患者さんに寄り添った看護をしていきたいと思い、志望しました。
 産科病棟に勤務し、初めは職場に慣れるまで、不安や緊張・悩む日も多くありましたが、先輩方が優しく丁寧に指導して下さり、同じ悩みを持つ同期と共有し支え合いながら1年を乗り切ることができたと思います。働きながら嬉しいことだけでなく辛いことも多くありますが、それ以上に先輩方や患者さんからの温かい一言で、自分の声かけや看護ケアが間違いではなかったと自信にもつながり救われることも多くありました。
 年間パートナーであるプリセプターさんには仕事のことからプライベートのことまで何でも相談でき、とても頼りになり心強いです。また、病棟の先輩方は新人にたくさん声をかけ気にかけてくれるので、安心して働くことができています。
 休みの日には先輩方や同期と息抜きにお食事しながらお喋りすることもあり、楽しいです。皆さんと一緒に働けることを楽しみに待っています。


 

平成29年入職 消化器外科病棟勤務

充実した環境でステップアップ

 私は、インターンシップに参加したときに新人研修制度が充実していること、PNSであること、生き生きと働かれている先輩たちをみて、ここで働きたいと思い就職しました。
 消化器外科は入退院が多くとても忙しい病棟です。就職してすぐは、病棟の雰囲気に慣れることが大変でした。また、業務がはじまると疾患や手術、検査の事など分からない事、困ることが沢山ありました。ですが日々の業務の中で「大丈夫?困っていることない?いつでも聞いて!」と先輩が声をかけてくれ相談しやすい環境を作ってくれていたり、プリセプターの先輩は、息抜きも大事だよと食事に連れて行って下さったり、仕事の面だけでなくメンタルの面でもサポートして下さっています。そのため病棟全員が見守ってくださっていると日々感じながら仕事をすることができています。またPNSのため先輩の看護を身近にみることができ、患者さんとの関わり方や看護についても学ぶことができる環境です。新人研修では技術の振り返りや病態についてゆっくり行われるので着実に身についていきます。
 私はこの当院に就職できてよかったと思っています。就職に対して不安な事も多いと思いますが一緒に頑張りましょう。将来一緒に働けることを楽しみにしています。

 
 

平成29年入職 混合外科病棟勤務

いろんな経験ができる病院です!

 私が働いている病棟は混合外科病棟で、心臓、呼吸器、泌尿器、婦人科の手術を受けられる患者さんが入院されている病棟です。さまざまな疾患や特徴、個性を持った患者さんがいらっしゃり、日々学ぶことや発見することが多くある場所だと思います。患者さんや先輩も優しく接してくださり、患者さんからは癒やされたり、励まされたり、逆に元気をもらうことも多いと感じています。新人は特に、先輩が見ていてくれる安心感はあると思います。失敗することも多く、落ち込むときももちろんありますが、努力や頑張りが少しでも目に見えたときは褒めてくださる先輩方も多いです。
 静岡赤十字病院は新人研修の制度も整っており、いろんな疾患をもつ患者さんも多いので、学べることは多くあると思います。学生のときに勉強したことや、看護過程、実習など、現場で役に立つ、つながっていることはたくさんあると思うので、すこしずつ勉強もがんばってください。
 クリスマスの時期にはキャンドルサービスで院内の病棟を回ったりしたり、日赤祭りもスタッフとして地域の方と関われる機会もあるので、いろんな経験ができる病院だと思います。日赤の職員として誇りを持って働ける場所だと思います。興味のある方は是非、インターンシップや見学など来てみてくださいね。
 
 
 

平成29年入職 総合内科病棟勤務

辛いこと以上の達成感と充実感

 私が静岡赤十字病院に就職を決めたきっかけは、幼い頃に入院した際の看護師さん達がとても良くしてくれたことと、大学2年生の基礎看護実習でお世話になった際の看護師さん達がどの人も患者さんへの接し方が優しく、一人一人を思って看護していることが伝わり自分も同じようにこの場所で働きたいと感じたからです。
 実際に働いてみての1年はつらいことももちろんありましたが、それ以上に達成感・充実感があり、自分が看護師として成長できていると実感することができました。先輩達は時に厳しいことも新人看護師の成長のために言いますが、出来たことに関して褒めてくれたり、更によくなるためのアドバイスをくれたりと決して厳しいだけの存在ではなく、私たちの独り立ちを願って日々教育を施してくださいます。
 静岡赤十字病院全体としても新人教育は充実しており、詰め込みすぎたスケジュールで進むのではなく、ひとつひとつ丁寧に振り返りながら新人教育が進んでいくので、技術やアセスメント能力が疎かにならず着実に成長できると思います。
 もちろん就職前に自分が感じていた赤十字の看護師の印象は変わることなく、一人一人患者さんに対し丁寧に関わっている様は、この病院の魅力のひとつでもあると感じており、今私はこの病院に就職し良かったと心から感じており、このメッセージを読んでいる学生さん達と将来働けることを楽しみにしています。


 
 

平成29年入職 小児科病棟勤務

病棟全体に良い雰囲気があります

 静岡赤十字病院は看護部の理念に「共に学び、共に育つ」と掲げているとおり新人教育に力を入れており、研修では基礎知識や技術の確認から丁寧に指導してくれます。
私が勤務している小児科病棟では、個々の学習進度や個別性に合わせて病棟全体で考えた指導を受けることができます。働きやすい環境が整えられ、自分のペースに合わせて成長していくことができます。
 また、小児科病棟は看護師どうしのコミュニケーションが良く、病棟全体に良い雰囲気を作っています。それが私たち医療者と患者さんとの関係にも良い効果をもたらしています。私はこの雰囲気の良さが病棟の魅力と感じています。
 自分らしく看護ができるこの職場が大好きです。
 



平成29年入職 脳神経外科・神経内科病棟勤務

患者さんやご家族に寄り添うことのできる看護師を目指して

 私が静岡赤十字病院に就職を決めたきっかけは、産科病棟での母性実習の際に、助産師や看護師が患者さんとその家族のことを思いやり、一人ひとりに合わせた看護を実践していたことでした。私も患者さんのために良い看護を行っていきたいと思い、学生の頃から興味のあった、脳神経外科と神経内科の病棟に現在勤務しています。
 麻痺や失語などがある患者さんやそのご家族に対し、どう関わっていけば良いか悩むこともありますが、先輩方から沢山のアドバイスを頂き、自分なりに関わり方を考えながら過ごしています。また、解剖や病態の理解をより深めていくことができるよう、医師から脳神経についてのレクチャーを受けています。
 毎日とても忙しく、大変なことも多いですが、患者さんの笑顔や「ありがとう」の一言に励まされています。また、先輩方からの手厚い指導や、相談しやすい同期にも恵まれ、日々頑張ることが出来ています。これからも笑顔を忘れず、患者さんやご家族に寄り添うことのできる看護師になれるよう頑張っていきたいです。
みなさん、実習や勉強で多忙だと思いますが、色々なことが学べるこの静岡赤十字病院で看護師として一緒に頑張りましょう!お待ちしています★



 
 

平成29年入職 内科病棟勤務

PNSで安心して看護ができます

 私が看護師として働き始めて、もうすぐ1年が経とうとしています。入職当時は、毎日が新しいことの連続で不安と緊張でいっぱいでした。看護師という資格を持ちながらも、何もできない自分に不甲斐なさを感じる時もありました。しかし、プリセプターさんをはじめとして、病棟全体で新人に関わってくださり、振り返ると日々少しずつ成長することができていると思います。静岡赤十字病院はPNS看護方式による看護実践を行っています。そのため、その場で感じた少しの不安や迷いをすぐに相談することができ、安全な看護を提供することができ、新人の私でも自信を持って看護を行うことができています。また、ペアで行動しているため先輩方の技術や知識を日々間近で感じることができ、毎日が勉強になります。その他にも多くの院内研修があり、たくさんの成長する機会があります。
 看護師として忙しい毎日を過ごし、大変なことや落ち込むこともたくさんあります。しかし患者さんが元気に退院されたときや、感謝の言葉を頂いたとき、看護師としての喜びを感じると同時に、看護において大切にしていることを見失わずに頑張ろうという気持ちになります。
 勉強や実習で大変な毎日だと思います。静岡赤十字病院は一人一人が成長できる環境が整っていると思います。皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしています。

 

 
 

平成29年入職 消化器・循環器・内科病棟勤務

”自分なりの看護”を見つけられると確信
 
 静岡赤十字病院に就職して早1年。大学の実習であまりよくない思い出を持つ私は、看護師として働いていけるか、ものすごく不安でした。出身が静岡ということで借りた奨学金でしたが、大学の病院説明会における看護副部長さんや先輩から訊く看護観、インターンで見学した病棟の雰囲気の良さ、そしてPNS・新人教育研修制度を知り、静岡赤十字病院にして良かったと心から思っております。
 実際就職してからすぐに始まる新人教育研修は、プログラムの通り無理なく徐々に病棟勤務に慣れることができましたし、先輩とペアで患者さんを受け持つPNS制度は、先輩がどのようにして看護ケアを行っているか間近で見て学ぶことができる上、コミュニケーションスキルも培われます。私が働く病棟は科の特殊性もあって日々勉強、毎日学ぶことばかりですが、プリセプターをはじめとした先輩方が新人のために勉強会を開催し、新人は病棟全体のフォローが受けられ、本当に環境が恵まれていると感じています。失敗をして落ち込むことも多々ありますが、この病院、この病棟で学べば“自分なりの看護”を見つけられると確信しています。
 学生の皆さん、実習に国試と毎日忙しい日々を送っていて、就職も不安でいっぱいかもしれません。ですが、看護ってとても奥が深くて、素敵なものだと思います。そんなことを感じさせてくれる静岡赤十字病院で、一緒に働けることを楽しみにしています。



 
 

平成29年入職 整形外科病棟勤務

魅力的なPNS、日赤は新人看護師の味方!

 静岡赤十字病院の魅力は、やはりPNSだと働き始めて実感しました!1年目はかなり不安も大きく、毎日がどうすればいいの…?と不安になるのではないかと思います。そんな時に、その日のお姉さんペアが居てくれる事で、何でも聞けるという安心感を得ると共に、自分の知識を増やすきっかけにもなります。また、毎日違うペアと仕事をすることで、色んな仕事の仕方や注意の向け方を広げることも出来ると思います!
 あとは、研修も充実していると思います。1年目の研修は身になることばかりだと感じました。実践やグループワークを通して、学校で学んでいたことを臨床へと変換してくれます。
とにかく!!!日赤は新人看護師の味方だと思いますよ(笑)!
 また、他ではない、日赤ならではの災害看護についても学べるので、そこに興味があればとても良いと思います。一緒に笑顔で働けるのを楽しみにしています!!★



 
 

平成29年入職 整形外科病棟勤務

念のためのインターンシップが転機に

 私は大学4年生の5月まで静岡赤十字病院ではなく、別の病院を志望していました。しかし、念のために見ておこうと参加したインターンシップで、先輩看護師さんたちがとても明るく優しい雰囲気で私たち学生を招き入れてくれて、その雰囲気に一気に引き寄せられました。そして、私の中でここの病院で働きたいという思いが強くなり、静岡赤十字病院に就職することに決めました。
 私は希望していた整形外科病棟に配属され、最初のころは手術件数も多く、入退院の激しい病棟で忙しく、不安や緊張の毎日でした。しかし、病院見学で感じた先輩看護師の優しさは働いてからも変わらず、相談しやすい先輩方がたくさんいるので本当に日赤を職場として選んで正解だったなと実感しています。また、PNS体制のためパートナーと共に行動するので、困ったときにはお互いに相談・確認し合うことができるので患者さんに安全で快適なケアを提供できる体制であると思います。ペアがどんなにベテランの先輩でも優しく若手の意見を尊重してくれますよ!
 そして何より静岡赤十字病院周辺には飲食店が多く、仕事終わりや休日に同期や先輩方と食事に行って、おいしい物を食べたり飲んだりすることで良い息抜きをすることも楽しみですよ!
 静岡赤十字病院で皆さんと一緒に働けることを楽しみに待ってます。



 
 

平成29年入職 血液内科病棟勤務

研修が充実しています

 私は当院で初めてPNSの働き方を学びました。今までの実習先の病院で取り入れているところはなく、どういう働き方なのか心配と不安がありましたが新人研修で何度もPNSについて学ぶ機会があり、病棟の先輩たちも優しく教えてくれます。最初は先輩に頼りきりで本来のPNSの形ができていませんでしたが、1年経ち、少しずつ自分の考えも伝えられペアの人と切磋琢磨し合えるようになってきました。PNSのおかげで、わからないことがあったときや困ったときに先輩に聞きやすい環境があり、Wチェックや2人で考えることで安全に看護ができると思いました。
 また、入職すると同期ができますが、それぞれ異なる学校で経験してきたことが違うため不安に思う方もいると思いますが、当院は全体研修を多く開催してくれて、病棟の先輩やプリセプターのお姉さんが自分の進みに合わせて優しく丁寧に指導してくれます。リフレッシュ研修など、楽しいこともあります。
 特に血液内科病棟は、いつも新人看護師を気遣ってくれており、困っているとすぐに声をかけてくれます。この環境が本当にありがたいです。
 4月から看護師として働く皆さん、心配や不安もたくさんあると思いますが一緒に頑張りましょう。当院に来て一緒に働けること、心よりお待ちしています。

 

平成29年入職 手術室勤務

手術室ならではのやりがい

 気がつけば就職して1年が経とうとしています。インターンシップで様々な病院を見学し、どの方も笑顔で楽しそうに働いている姿を見て、私は静岡赤十字病院に就職したいと思いました。
 私は今手術室で働いています。配属されたばかりの頃は分からないことが多く、まずは手術室の雰囲気に慣れることも大変でした。様々な診療科の手術につくため、それぞれの病態生理や手術に関係する解剖のこと、使用する器械など幅広い知識が必要となり、覚えることも多かったです。ですが、わからないことは誰でも先輩に聞くことができ、また資料も手術室にあるため困ることはほとんどありません。何か困っていたりするとすぐに先輩から「どうしたの?大丈夫?」と声がかかり、プリセプターさんだけでなく、病棟の先輩方に見守ってもらっていると感じます。本当に学びやすい環境で日々働くことができているなと思います。
 手術室ということで患者さんと接する機会は病棟に比べるととても少ないですが、この場所で看護師として自分が患者さんのためにできることは何か日々考えながら働いています。
心配なこと、不安なこともあると思いますが、一緒に乗り越えましょう。皆さんと一緒に働くことを楽しみにしています!