日本赤十字社 静岡赤十字病院
看護部ブログ
今月は2号館6階の2-6病棟の紹介をしたいと思います。
2-6病棟は、婦人科・泌尿器科・呼吸器外科・心臓外科・血管外科の混合外科病棟です。手術目的の患者さんが多く入院されるため、入退院が激しい病棟です。周手術期の患者さん以外にも、化学療法や放射線治療、終末期の患者さんも入院されています。そのため、病棟は忙しい部分もありますが、それぞれの患者さんに個別性のある看護を提供できるよう心がけています。毎日カンファレンスを行い、医師や薬剤師も参加し情報共有を行っています。領域が広いため大変なこともありますが、月1回は病棟内で勉強会を行っており、病棟全体で知識や技術の向上に努めています。心臓や血管疾患の患者さんは、基礎に慢性疾患を抱えていることが多いため、入院中の患者さんとのコミュニケーションを通し、退院後の生活習慣も一緒に考えていきます。
また、2-6病棟はスタッフ同士のコミュニケーションも良く、ハツラツとした雰囲気のある病棟です。本年度は5人の新人を新たに迎え、新しいパワーを取り入れて頑張っています。今後も患者さんの一番身近な存在であり続けられるように、努力していきたいです。

 

 



ホーム

↑ページの先頭へ

Copyright © 2013 JAPANESE RED CROSS SHIZUOKA HOSPITAL All rights reserved.