日本赤十字社 静岡赤十字病院
看護部ブログ
 外来Fブロックは産婦人科と小児科のグループです!
 妊娠を切望されるご夫婦はたくさんいるのに・・少子化対策も行われるのに・・合計特殊出生率は上がってきません。妊娠が成立しない(不妊症)、妊娠はできたけど継続できず流産してしまう(不育症)不妊治療の結果妊娠できた時には高齢妊婦となりリスクに不安を抱えながらの妊娠生活・・。
 下を向きたくなる話ばかり挙げてしまいましたが、そういう女性に寄り添い、くじけそうになる気持ちを支えたり一緒に喜んだり・・そこに私たち医療スタッフがいます。
 最近は、出産後の母親の心の不安定さや産褥うつなどに焦点が当てられています。
 妊娠・出産し母親にはなりますが、想像していた幸せな母親や家族になるには乗り越えなければならない時間があります・・そこに私たち医療スタッフがいます。核家族の中で育児に悩み苦しんでいる女性たちが「これでいいのかなあ」「困った時、皆どうしてきたんだろう」・・そこに私たち医療スタッフがいます。
 産婦人科は女性の一生,思春期から老年期に関わる科ですがその中で最も女性が美しく
輝くのが妊娠出産時期でしょう。そして、小児科は病児だけではなく、こどもたちが健康に育っていくことを支援する科でもあります。こどもの健康に一番大切な家族、母親、父親への支援も大切な役割と考えています。

 妊娠、出産、子育ての時期は、忙しく濃密で不安や喜びが次から次へと起こってくる時期です。でもその忙しくも短い大切な大切な時間に関われることを幸せに思います。
 また、医療の発展と共に変化していく現状と、昔から変わらない親子・家族の幸せのために
日々奮闘しています。

 

 


 外来Cブロックは耳鼻科と眼科を担当しています。今回は、眼科を紹介させて頂きます。
耳鼻科については?とおっしゃる方は、2017年1月27日のブログをご覧下さい。
 眼科は2号館の2階です。検査室と診察室の間に3号館への連絡通路があり、「○号館へ行きたいのですが?」「外に出たいのですが…」と声をかけられることが多くあります。
               

眼科外来受付の横が、3号館への連絡通路です

 

 
 
さて、眼科では医師の専門である『ぶどう膜炎』を中心に様々な疾患に対応して検査・治療を行っています。視覚から得られる情報量は8割以上と言われます。視覚の疾患は生活の質にも影響を与えます。生涯を通して生活の質が維持できるように『早期発見・早期治療』を目指しています。他の外来と比べ少人数ですが、これからもスタッフ一丸となり、笑顔で頑張ってまいります。
      

 

 


ホーム

↑ページの先頭へ

Copyright © 2013 JAPANESE RED CROSS SHIZUOKA HOSPITAL All rights reserved.